エアレス

replayVideo.jpg


エアレス技術はパッケージ業界においては比較的新たな技術です。エアレスパッケージがもたらす利益は多大であり、その技術は多数の新たなブランドの企画を実現するお手伝いをしております。

Derjin Groupは長年エアレス分野において、

長年にわたり培ってきた豊富な開発実績と高度な技術で、成熟した企業から成長企業までさまざまなニーズに応え、豊富なソリューションを組み合わせてご提供いたします。

エアレス製品はディスペンサーが取り付けられた後、注入から消費者が使用するまで製品を劣化させたりする事のないように、殆ど完全に容器の中に空気が入る事を防ぐものです。運搬の際、空気との接触に弱い製品を守ります。これがエアレスのコンセプトがもたらす一番の利得です。酸化するとその機能を失ってしまう自然成分が使用されている製品は多く、また現在は出来るだけ保存料は使用しない傾向にあります。エアレスパッケージにより、空気との混合からの影響を減らす事によって製品の寿命を伸ばす事が出来るのです。

iStock_000009193810Medium.png

エアレス製品は一般的なポンプやスプレーにあるような浸漬管を持たず、隔壁を上げる事により製品を外に出す事が出来ます。吸い出される圧力により隔壁がボトル内で上に引き上がり、ほぼ100%の製品に対応します。その他のエアレス容器に、製品を満たした袋を固い容器の中に入れるものがありますが、容器から出すという意味ではほぼ全ての製品に同じ事が出来ます。この高い使用可能率と無駄が少ない事から「環境にも優しい」という事で、パッケージにおける素晴らしいセールスポイントとなります。

エアレス製品は正確な量の繰り返し使用を可能にします。圧出口が取り付けられた際、一定の吸い出す圧力により、どの様なアクチュエーターが使用されていた場合でもその行程によって正確な量を出す事が可能となり、また製品使用中に変化する事がありません。圧出口のサイズを調節する事で、マイクロリットルからミリリットルまでかなり正確な量に設定する事が出来ます。

鮮度と共に、衛生もエアレス製品がもたらす重要な価値といえるでしょう。一度製品が外に出された場合、製品の容器に戻ってしまう事は決してありません。製品を劣化させ混入を招くポンプスプリングもありません。この技術によって、エアレス容器から出される製品の鮮度は保たれ混入を確実に防ぐのです。

エアレス製品についての消費者の意識はどうでしょうか。一般的なポンプ、スプレー、その他パッケージ成分と比べ、流れも良く、量も調節可能で、外観も良いエアレスパッケージは、ラグジュアリーやマステージな市場において確実にその価値を認められる事となるでしょう。